雨漏りを防ぐ

住宅

定期的なメンテナンス

建物にとって重要なのが屋根です。屋根は雨水が建物に侵入するのを防ぐことが目的で雨水が侵入すると建物の寿命を縮めます。また屋根ではなく屋上となっている場合には定期的にメンテナンスを行う必要があります。屋上の場合には平たい状態になっており雨が溜まりやすい構造となっており、そのため防水工事を行うことによって雨が建物に染み込まないようにする工夫がされています。しかし、屋上の防水はいつまでも保つというものではなく定期的な屋上の防水工事を行うことが建物への影響を最小限にすることができます。防水工事としては、アスファルト防水とシート防水、塗膜防水があります。アスファルトは道路などで使われているアスファルトを塗る事によって雨水が侵入しないようにすることができます。またシートは水を通さないシートを接着剤などで貼り付けることによって雨水の侵入を防ぎます。塗膜ではウレタンゴムなどの塗料を塗りつけることによって雨水の侵入を防ぎます。それぞれにメリットとデメリットがありますが、しっかりと施工することで建物の影響を最小限にすることができます。耐用年数としてはアスファルトやシートでは13年程度、ウレタン塗膜では約10年です。またアスファルト防水を行った上にコンクリートで覆うことで約17年程度の耐久性のある防水が可能になります。いずれの方法にしても適切にメンテナンスをして定期的な防水工事を行うことで建物自体の寿命を延ばすことができます。

Copyright© 2018 屋上の防水で雨漏り対策!【塩ビ樹脂やゴム系の素材を加工】 All Rights Reserved.