住まいを雨から守る対策

作業員

耐久年数を知ろう

屋根や屋上は住まいを強い日差しから身を守るだけではなく、雨風といった悪天候を回避する役割があります。そのため、時間が過ぎるとともに屋上は表面に塗装された皮膜が剥がれていきます。屋上で使用されてる塗料の皮膜は汚れが付きにくくなったり、雨水を浸透させない防水効果があります。この皮膜が剥がれる事により外壁がひび割れたり、チョーキングと呼ばれる粉が拭いたような状態に変化します。住み始めてから10年を過ぎたあたりからこのような症状が現れます。屋上の塗り直しをすることで、雨漏りの危険性を避ける事ができます。防水、保護の目的で使用される合成樹脂は、耐久年数によって種類や価格が異なります。耐久年数が10年から15年ほどのシリコン樹脂が一般的ですが、防水効果がより高いラジカル樹脂や20年近い耐久性があるフッ素樹脂などもあります。塗料は合成樹脂だけでなく顔料が含まれています。見た目の照り艶を決める顔料によって、出来上がりのイメージが異なっていきます。また、皮膜を均一に伸ばすことのできる添加剤を使用します。皮膜にムラがあると機能が均一に働かなくなります。これらの顔料、添加剤、合成樹脂の配合によって機能性の向上を図りましょう。雨の多い場所で屋上の塗り直しを考える時には、希釈剤を水性から油性に変えると防水の効力が高まります。このように、屋上の材質や日当たりや雨量といった天候との関係、周囲の環境などに配慮して屋上改良を行いましょう。

Copyright© 2018 屋上の防水で雨漏り対策!【塩ビ樹脂やゴム系の素材を加工】 All Rights Reserved.