狭小な土地を広く使う方法

住宅

緑化活動で家計を助ける

平坦な土地が少ない日本では、戸建て住宅を建築するためにアイデアを駆使し様々な工夫を凝らすことが多いのです。近年の一般住宅が狭小な土地を活かすために、陸屋根と呼ばれるフラットなタイプが選ばれるようになってきました。これはフラットである屋根部分を利用して、屋上を生活のために使えるという認識が広まりつつあるからです。少し前から都心部のオフィスビルの屋上を使った緑化活動が、実績が認められたことにより一部の人が気付き始めました。オフィスビルでできることは、一般住宅でも実行することが十分に可能であることを知ったためです。屋上の緑化活動は、植物を植えることで温度の急激な上昇を抑えることができるだけではなく、菜園を作ることで家計を助けてくれます。しかしオフィスビル同様に一般住宅でも、屋上を緑化活動に使うには防水工事が必要です。これから新築で建ててもらうのなら、屋上を緑化活動することを事前に伝えて相応の防水工事をしてもらえばよいだけです。すでに建築された家屋を屋上緑化活動に使うのなら、改めて防水工事を施工してもらうことになるかもしれません。新築して時間が経っていないので大丈夫だろうと、何の確認もしないまま緑化活動してしまうのは危険です。自然がない屋上に土を運び込んで、肥料や水をたっぷりとあげないといけないので、どうしても普通の施行をした建材の経年劣化を早めてしまいます。防水工事に費用はかかりますが、屋上を緑化活動することで無駄な光熱費を抑えることができ、かつ自宅でとれた新鮮な野菜を味わえるのです。家族の憩いの場所にもなり、コミュニケーションも取りやすいというメリットがあります。

Copyright© 2018 屋上の防水で雨漏り対策!【塩ビ樹脂やゴム系の素材を加工】 All Rights Reserved.