住宅

狭小な土地を広く使う方法

オフィスビルの屋上を使った緑化活動は、少し前から目にする機会が多く広く周知されつつある事象です。特に狭小な土地しかない都心部では、屋上の防水工事を確りとすることで緑化活動をしやすくなります。最初は余分に費用がかかりますが、長い目でみれば得をすることは間違いありません

雨漏りをきちんと防ぐ

屋上

いろいろなタイプがある

普段生活している住環境において、雨漏りを防ぐ対応は家を長持ちさせるうえでとても重要です。特に雨風にさらされている屋上は、防水対策を必ず行う事をお勧めします。屋上防水対策には、いくつかの方法があります。一般的には、防水に使用される素材によって区分されております。ここでは、代表的な屋上防水対策について説明したいと思います。まず最初に、シート防水について説明します。この方法は、塩ビ樹脂やゴム系の素材を加工してシートを貼り付けていきます。比較的簡単に出来る方法なので、平坦な屋上であれば直ぐに実施する事が可能です。続いて説明する方法は、塗膜防水です。これはウレタン系を使って液体状の防水材を作り上げます。比較的複雑な形状をしている屋上でも、問題なく加工する事が出来ます。FRP防水は、比較的耐水性と強度に優れている方法です。ガラス繊維強化プラスチックをベースにして、加工されております。屋上のほかにも、ベランダや階段などにも適用されております。最も耐久年数の長い方法は、アスファルト防水です。他の方法では10年から13年程度ですが、アスファルトの場合約20年もの耐久年数を誇ります。もちろん、単位面積当たりの単価も最も高くなります。ちなみに一番安価な方法はシート防水でして、1平方m当たり3000円から5000円低度です。どの方法においても、必ず定期的な点検を行ってください。だいたい5年に1回の割合であれば、十分と考えられます。

男女

塗装業者の見積もり

屋上を持つ建物を所有しているオーナーは浸水被害を避けるために屋上防水を考えなければいけません。10年〜15年に一度は屋上防水が必要と言われていますが、業者選びのために2社以上から見積もりを取り、価格や工法の比較をしましょう。

住宅

雨漏りを防ぐ

屋根が屋上となっている場合には適切に防水工事を行う必要があります。防水工事にもいくつかの週類がありますが、いずれも定期的なメンテナンスを行うことで建物の寿命を延ばすことができ雨漏りなどのトラブルを最小限にすることができます。

屋上

住まいの性能を上げたい時

屋上の防水性能を上げたい時、選択できる施工は複数あります。コストを抑えたい場合はシートやウレタンによる防水を選択すると良いでしょう。またアスファルト工事を施せば強固な防水対策ができます。工事が済む日数も考慮して方法を選ぶと良いでしょう。

作業員

住まいを雨から守る対策

屋上は防水効果が高くないと雨風に対応できなくなります。表面に塗装されている皮膜は10年を過ぎると劣化が進み、塗り直しが必要です。塗り直しをすることで、防汚、防水効果が高まり、次の10年快適に過ごすことができます。

Copyright© 2018 屋上の防水で雨漏り対策!【塩ビ樹脂やゴム系の素材を加工】 All Rights Reserved.